【特集記事「『相模原事件』と私たち」を公開しました!】



 東京大学本郷キャンパスで行われた「障害者のリアルに迫る」ゼミでは、「<内なる優生思想>と向き合う」をテーマに、全7回の講義を行いました。

 今回はそのうちの第4回『相模原事件と私たち-障害者運動の歴史から-』の講義の様子を前編・後編に分けて抜粋でお届けします。『バリバラ』でお馴染みの玉木幸則さん・東大先端研の熊谷晋一郎先生から貴重なお話をいただきました。


 上のバナーの「特集」または下記リンクよりお読みいただけます。

【特集】「相模原事件」と私たち<前編>

【特集】「相模原事件」と私たち<後編>


238回の閲覧

最新記事

すべて表示

2019年度Aセメスター運営紹介#11

こんにちは。今年の4月からゼミに参加し、今学期(Aセメスター)から運営にも加わっている、文科一類(医学部健康総合科学科内定)2年の河合 純伸(かわい・じゅんしん)と言います。 前学期(Sセメスター)からこのリアルゼミに参加し始めて、貴重な話をたくさん伺うことができました。一方、今学期Aセメスターからは、キャンパスが本郷に移った関係で、駒場のゼミにはあまり参加できていませんが、微力ながらゲスト講師と

2019年度Aセメスター運営紹介#10

こんにちは。「障害者のリアルに迫る」ゼミ運営に今年のAセメスターから参加しております、東京大学3年の酒田現(さかた・げん)と申します。 わたしは今年のSセメスターにこのゼミを受講し、Aセメスターから運営に参加しました。 自己紹介が得意ではないので、このゼミがどのようなものかを紹介してみようと思います。おそらくは、わたしのゼミへの理解の記述によって、鏡のように、わたし自身も映し出されることになるでし

© 2018 by 「障害者のリアルに迫る」東大ゼミ.

Proudly created with Wix.com